快適な空間は住宅設備によって大きく変化する

二つの工事

建物の様々な箇所で防水処理が施されていますが、防水工事に必要な費用に関して記述します。 まず、防水工事の種類についてですが、メンブレン防水の分類の中にアスファルト防水、改質アスファルト防水、シート防水等が有ります。塗膜防水の部類にはウレタン防水等が有ります。建物の目地部分等の充填に施されるものはシーリング工事やコーキング工事と呼ばれています。 防水それぞれの金額ですがアスファルト防水ですと1平方メートル当たり8千円前後ですが、工法や層の数・化粧の有無によって価格は異なります。 シート防水に関しては1平方メートルあたり1万円前後、この値段も使用材料や工法によって価格は変動します。 シーリング工事に関しても五百円から千円程度と使用材料と目地の大きさによって異なります。

過去において、一般のビルの陸屋根と呼ばれる屋根に行われる防水工事はアスファルト防水とシート防水の二種類の防水工事のうち何れかが施工されるケースが多かったのですが、現在においてもこの二種類の防水工事の内のどちらかが施工されています。今後の工事に関しても同じ事が言えます。 アスファルト防水とシート防水が屋上の防水に選択される理由としましては、これらの防水工事で作られる防水層が信頼できるからです。特にアスファルト防水に関しては良質な防水層を形成し、必要に応じて防水層の上に保護層を作る事も出来ますのでメンテナンス性も優れています。シート防水も信頼できる防水層を形成するのですが外的要因によってシートを破られますと漏水の恐れが有ります。